「男は浮気をする生き物だから」とは、聞き飽きるほど耳にする言葉ですが、やはりパートナーに浮気されるのは許せないですよね。

筆者が暮らすパリ、そしてフランスは“アムールの国”と呼ばれるほどの恋愛大国。単なるイメージや噂だけではなく、実際にパリに住んでからもフランス人の恋愛第一主義の考え方には大変驚きました。

恋愛経験値が高いだけに、パートナーの浮気を数多く見てきたフランス人女性たち。一般的に、「これをしたら疑うべし!」という具体的な浮気のサインがいくつか存在します。

そこで今回は、恋愛大国フランスに学ぶ“パートナーの浮気のサイン”4つをご紹介します。

1:セックスしたがる頻度が増える

パートナーにセックスを求められるのは、女性にとって嬉しいことではありますが、「急に頻度が増えたら怪しい」とフランス女性たちは口にします。

他の女性とセックスをしているという罪悪感からなのか、新たなセックスの相手ができて気分が高まっているからなのか。もちろん、浮気をしたかどうかは別にして、あなたへの愛情の大きさに気づいて……、という理由もあり得るのでこれだけで疑心暗鬼にはならないように!

筆者の元恋人は、典型的なこのタイプの男性でした。交際中、他に女性がいるのは承知で見て見ぬふりをしていましたが、浮気をしたら求めてくるというのがお決まりパターン。

単に愛されているのだと実感できるセックスであれば幸せですが、どこか違和感を感じ始めたら疑ったほうがいいかもしれません。

2:写真を撮りたがらない

写真撮影を拒むようになったら赤信号! SNSに載って写真が公になると、浮気や隠し事が発覚しやすいため、証拠となる写真を撮りたがらなくなるのです。

また、思い出に残る写真を撮りたがらないというのは、思い出に残したくないという気持ちの表れである可能性も。浮気をしていなくても、すでに愛情が薄れて、別れを考えはじめているのかもしれません。

急にあなたとの写真を拒否しだしたら、その他の言動も注意深く見てみて。

3:登録されていない電話番号からよく着信がある

もしも電話帳に登録されず、電話番号がそのまま表示される1つの番号と頻繁に連絡をとっているようなら、浮気の可能性大。

パートナーの携帯電話を盗み見するのはオススメしませんが、一緒にいるときに着信があったり、チラッと見えてしまうことがあれば、なぜ登録しないのか聞いてみて。他の人は登録しているのに、「面倒くさいから」という理由で1人だけ登録しない番号があるのは怪し過ぎます……。

4:あなたの浮気を疑う

男性がパートナーの浮気を疑うのは、自分自身にやましいことがあるからと考えるフランス人女性は多いようです。男性は女性と比べて、見た目や言動のちょっとした変化には気づきにくい生き物。

髪型やメイクを変えても気づいてくれないパートナーが、根拠もなくあなたの浮気を疑い始めたら、それは彼の罪悪感からくる感情かもしれません。

もちろんこれは、あなたが浮気していないときに当てはまることです!

以上、恋愛大国フランスに学ぶ“パートナーの浮気のサイン”でしたが、いかがでしょうか?

サイン4つ全てが当てはまったらかなり怪しい! しかしパートナーの浮気を決めつけてただ喧嘩をふっかけることは、良い解決法とはいえません。浮気を疑い始めたら、自分の素直な心の内を話し、2人の信頼関係をより強いものにできるような努力を忘れずに!

元の記事を表示