職場での柔軟なコミュニケーションの鍵は「2割の疑い」 身につけるべき知恵とは?

仕事仲間とのコミュニケーションではできるだけ衝突は避けたいもの。 でも、時には自分の意思を面と向かって相手に伝えなければいけない場面にも遭遇します。 精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、自分の意見を伝える […]

器用な人ほど大成しない理由 いつまでも「保留の感覚」を持ち続けて

新しい環境に入ると、怖くてどうしていいのかわからなくなる……。 転職先でもメキメキ実力を発揮して瞬く間に周囲の信頼を得てしまう人もいれば、物怖じして萎縮してしまう人もいます。 でも、精神科医の名越康文(なこし・やすふみ) […]

人間関係のトラブルの9割は、「あたりまえを雑に扱うこと」に原因がある

どんな間柄でも、なるべく人間関係の揉めごとは避けてスムーズにいきたいところ。しかし、なかなかうまくいかないのが世の常です。 精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、人間関係のいざこざのうち9割は、「あたりまえ […]

精神科医の「心をニュートラルに保つ方法」 相対評価に振り回されないで 

同僚、上司、家族、友人……人からの評価や評判を耳にすると、「気にしないようにしよう」と思いながらも、つい心がざわついてしまうもの。精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、「あらゆる評価は相対的なものに過ぎず、 […]

お金持ちからの贈り物はガッカリ率が高い 金銭感覚はその人の歴史

ジューンブライドで結婚式が多い6月。引き出物など、贈り物を受け取る機会も増えるかもしれません。そんな時、期待していたのに「ガッカリ……」なんてこともよくありますよね。 精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、 […]

「この人とは仕事がやりにくい」と思われてしまう人のコミュニケーションのクセ

社会人としてこれまで一緒に仕事をしてきた数々の上司や先輩。 いろんなタイプがいたと思いますが、大きく分けると、「やりやすい人」と「やりにくい人」がいたはず。精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、「やりやすい […]

「場をやわらげる人」がやっている無知の作法 知識とは相手を拒絶するもの

みんながどことなく緊張している場面でも、ほんのひと言でふわっと場をやわらげてくれる人、いますよね。どこでも重宝されるそういう「有能な人」には、あるコミュニケーションの作法があると精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生 […]

「この人、見返してやりたい」精神科医が教えるスカッとする復讐法とは?

誰かに理不尽な思いをさせられて、「本当に死んでほしい」と心から願ってしまうことも、年に1、2度はあるはず。精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、そんな時に「一番いい復讐の方法は、できるだけ時間をかけてじわじ […]

「恨み」は意外なところから生まれる。心当たりのない「恨み」の正体とは?

自分ではまったく気づかないうちに、誰かの恨みを買ってしまうことってありますよね?「何か、悪いことしたっけ?」心当たりを探しても見つからない。精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、「恨み」は意外なところから生 […]

その助言、本当に相手のため? 有害なアドバイスをする人の共通点

30代に入ると、だんだん部下や後輩も増えて、「先輩ヅラ」をしなきゃいけない場面が増えてきますよね? とはいえ、自分だってまだ発展途上。 部下や後輩からアドバイスを求められても、本当に「ためになる助言」ができているのか不安 […]