Browsing posts tagged: 精神科医
ネガティヴな感情を開放し、仕事のモチベーションにつなげる方法。

仕事熱心なのにまわりのモチベーションを下げてしまいがちな、「ひと言多い人」。あなたの職場にもいるかもしれませんね。 精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、そういう人の心の根底には「寂しさ」があるそう。その感 […]

「正しさ」にこだわる人の共通点 “過去の無力な自分”と闘っている可能性も

職場でも、プライベートの友人でも、ついつい自分の意見を正論として押し付けてくる人っていませんか? 精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、そういうタイプの人は、「過去の自分」をやり直そうとしているからなんだと […]

自分がした「親切」は忘れよう。人間関係の失敗を減らす一つの方法

仕事でもプライベートでも、誰かに何かしてあげたとき、つい見返りを求めてしまうことってありませんか? 精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、本当の親切とは、忘れることが大事なんだそう。 良い「親切」とは? 前 […]

よかれと思ったことが裏目に出る理由 自分に負担をかけない親切とは?

自分では親切にしたつもりが、相手にとって迷惑な行為となってしまうことってありますよね。 精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、その行為の裏には、「好奇心」が含まれているからなんだそう。どういうことなのでしょ […]

「安請け合い」してしまう本当の理由 後悔しない“承諾の基準”とは?

誰かに何か頼み事をされた時、その場の空気でつい引き受けてしまったものの、結局負担となって後悔してしまうことはありませんか? 精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、自分の損にならない「承諾」の基準があるのだそ […]

「自分をよく見せたい」その願望が原因でたびたび失敗してしまう貴女へ

仕事でもプライベートでも、人前でついつい「自分をよく見せたい」と軽はずみな言動をとってしまい後悔してしまうこと、ありませんか? 精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、そういうタイプには、ある共通点があるのだ […]

権力との距離の取り方を覚えよう。「上から目線」な人が陥りがちな残念な思考

20代で社会に出てから仕事でもプライベートでもいろんな人と出会ってきたけれど、たまに見かける「上から目線」な人。 精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、威圧的な印象を与えてしまいがちなこのタイプの人には、共 […]

職場での柔軟なコミュニケーションの鍵は「2割の疑い」 身につけるべき知恵とは?

仕事仲間とのコミュニケーションではできるだけ衝突は避けたいもの。 でも、時には自分の意思を面と向かって相手に伝えなければいけない場面にも遭遇します。 精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、自分の意見を伝える […]

器用な人ほど大成しない理由 いつまでも「保留の感覚」を持ち続けて

新しい環境に入ると、怖くてどうしていいのかわからなくなる……。 転職先でもメキメキ実力を発揮して瞬く間に周囲の信頼を得てしまう人もいれば、物怖じして萎縮してしまう人もいます。 でも、精神科医の名越康文(なこし・やすふみ) […]

人間関係のトラブルの9割は、「あたりまえを雑に扱うこと」に原因がある

どんな間柄でも、なるべく人間関係の揉めごとは避けてスムーズにいきたいところ。しかし、なかなかうまくいかないのが世の常です。 精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生によると、人間関係のいざこざのうち9割は、「あたりまえ […]